病院栄養学

一見できる明らかな利点

追加の情報(体脂肪量、体水分量、筋肉量;体重だけでなく)で質の高い治療判断と最適な患者ケア

フェーズアングルやBIVAのような追加の栄養状態の分析結果は、目に見えない悪液質状態を探知するのを助けます

臨床研究によって検証されている、高精度な結果


微候腫瘍学

多くの異なる要因、一つの大きな問題:栄養失調

  • 世界的に癌患者の40%は栄養失調です
  • 22%以上の腫瘍の患者の直接の死因は悪液質です

正確な体組成測定は悪液質状態を探知するのを助けます。 検査結果は死亡率を下げるために治療中の栄養状態をモニターし調整することを可能とします。


微候腎臓学

体水分量:正しい体水分量は極めて重要です

  • 体水分量をモニターすることは高い関心ごとです
  • 栄養要素も大きな役割を果たします

腎臓はできるだけ少ない量の蛋白質摂取の必要があります。一方で蛋白質の摂取量が少なすぎると悪液質状態の原因になります。


微候心臓機能不全

心臓のために極めて重要:最適な栄養治療

  • 筋肉と脂肪の減少(心臓悪液質)により患者の栄養状態が適切でなければ患者の予後は悪くなります
  • 慢性心不全の患者の約15~20%は心臓悪液質を経験します。

相当な量の脂肪や筋肉が減少しているのを浮腫が隠してしまうことがあるので診断は難しいです。(細胞外)水分量を考慮に入れなくてなりません。


微候糖尿病学

2つの大きな負担:体重過多と肥満症

  • 90%以上の糖尿病患者は偏った食生活と運動不足からなる2型糖尿病です

骨格筋量を保存しながら体脂肪量を減らすことが指摘されています。体組成チャートによる体脂肪量と筋肉量の正確なモニタリングは治療をコントロールするのを助けます。


医療分野への応用

更なる情報:

secaコンタクト

更なる情報はこちらへ

更にご質問は?
下記のコンタクトフォームにご記入の上私達にご連絡ください―すぐにあなたのリクエストにお応えいたします。

メールフォームを利用して直接secaもしくは私達の代理店へコンタクトが取れます。*マークがついたところは必ずご記入ください。その他の情報は任意です。

Contact Form ja

general note (grey)
standard fields (grey)
性別*
Accept data protection information*
normal fields